葉酸サプリはいつから飲めばいい?タイミングを葉酸サプリ研究家が解説

▽妊活には葉酸サプリメントが効果的!

最近では妊活に葉酸サプリメントを取り入れる女性が多く増えています。

そもそも葉酸サプリメントをなぜ取り入れるべきなのかというと、葉酸は妊娠初期である3週間から1ヶ月にあたって摂取することにより、生まれてくる赤ちゃんの先天障害を防いでくれるという効果があるからです。

とは言えどもこのような妊娠初期にはまだ妊娠しているかどうかを判断するのは難しい時期でなかなか気づかないと思います。

そのようなことを防ぐためにも、妊娠前という早い時期から葉酸サプリメントを摂取することで元気な赤ちゃんを出産するためにも効果的なのです!

厚生労働省では妊活中に葉酸サプリメントを摂取する際の1日分の基準を設けており、1日あたり400μgの葉酸を摂取することを推薦しています。

とは言えども摂取し過ぎてしまうと過剰摂取になるため、1日あたり1000μgまでが上限です。

・葉酸サプリを選ぶコツ

では自分にあった葉酸サプリメントを選ぶためにはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?2つのポイントに分けて説明していきます。

・合成葉酸と天然葉酸どっちが良いのか

まず葉酸には合成葉酸と天然葉酸との2種類があります。天然葉酸はサプリメントではなくても食品からも摂取することができるでしょう。

ところが葉酸は水に溶けやすく大変熱に弱い栄養素であり、食品として摂取すると葉酸の栄養素が失われてしまうなんてこともあります。

また食べ物として葉酸を摂取する場合、体内になかなかたまりにくくすぐに体外に排出してしまうという特徴もあるのです。

そのために葉酸を選ぶ際には合成葉酸が含まれていて、サプリメントから摂取することをお勧めします。

合成葉酸には体内に吸収しにくいという天然葉酸の欠点を補っており、さらに厚生労働省でも合計葉酸の中でも特に体内での吸収率の高いモノグルタミン酸型の葉酸を使用しているのです。

天然のものに比べるとお値段は張ってしまうのですがこちらの方が妊活には最適です。

・安全性が高いかどうか

葉酸サプリメントは生まれてくる赤ちゃんの栄養素にもなる大切なものです。そのために安全性はしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

そんな安全な葉酸サプリメントを選ぶコツとしては、まず栄養機能食品であるかどうかです。

栄養機能食品に指定されているサプリメントは、国の基準をしっかりと守って成分を配合しており、1日の摂取基準を限度を細かく明記しています。

基本的にサプリメントにこのようなことを明記する義務はないので記されていません。栄養機能食品であればそのようなことがわかるために過剰摂取を防ぐことができるのです。

そのほかに安全性を見るためのポイントとしては国が定めている工場の基準でもあるGMP認定がされているところで製造されているかどうかという点でしょう。

GMP認定工場では医薬品やサプリメントの品質や安全を保って製造することができると認められた工場であるために安全性は普通の工場よりも確保されているのが特徴です。

そして最後のポイントとしては添加物が使用されているかどうかです。

基本的に微量でありながらもサプリメントには添加物が配合されていることが多くあります。

ですが赤ちゃんに直接影響しているため添加物はできるだけ少ないものを選ぶようにしましょう。

見極め方としては原料を明記している際に、栄養素以外のことが明記されていたらそれが添加物です。

インターネット通販で購入する場合にそういったことはしっかりと見てから購入するようにしましょう。

▽葉酸サプリメントはいつから飲めば良いの?

葉酸サプリメントに関する基礎知識がわかったところで葉酸サプリメントはいつ頃から飲み始めるのがベストなのでしょうか?

そもそも食事から葉酸を摂取すること自体は成人女性であれば毎日240μgを摂取することが推薦されています。

基本的に18歳を超えた女性であれば妊娠する前から母乳を卒業するまでの間には摂取し続けておくべきです。

葉酸の働きとしては体内で臓器や細胞を作り、さらに血液を作り出すための重要な役割を担っています。

そのために普段から摂取しておくことが大切でしょう。

そしてお腹の中に赤ちゃんができた場合には、赤ちゃんの臓器を形成するという重要な役割を担っていきます。

そのために先天障害を防ぐ役割を葉酸が持つのです。

葉酸サプリメントを摂取していくタイミングとしてはやはり妊娠が発覚する1ヶ月以上前から、妊娠してからの3ヶ月後まででしょう。

そして厚生労働省ではその際にはモノグルタミン酸型の葉酸を摂取すべきだと推薦しています。

妊活の際から葉酸サプリメントを摂取しておくことで、生まれてくる赤ちゃんが先天障害の1つである神経閉鎖障害を発症する確率がなんと50〜70%も軽減するというデータがあるのです。

そのために妊娠を考えているのであれば妊活の時から葉酸サプリメントを摂取しておきましょう。

そして妊娠してから3ヶ月程度までと述べましたが、実は葉酸は妊娠後期にも効果的なのです。

葉酸を摂取することでつわりを軽減する効果があります。

妊娠中には少し量を増やして480μg1日に摂取することが良いでしょう。

つわりの際には葉酸の匂いや味が気になってしまう恐れがありますので、妊活の際から匂いの市内長く続けられる葉酸サプリメントを見つけておくことも重要ですよ。

▽葉酸サプリメントを飲むタイミング

サプリメントは飲むタイミングを明記していないものも多い割に、確実な効果を得るためにはしっかりとこのタイミングで飲むべきだというタイミングがあります。

では葉酸サプリメントの場合は1日の中でどのタイミングで摂取することが効果的なのでしょうか。

結論としては葉酸サプリメントは体内で吸収率を高める際には食間に飲むことが効果的なのです。

葉酸は水によく溶けやすいビタミンであるため、お腹の中に何も入っていない状態である空腹時の方が吸収率がアップする傾向にあります。

ですので食事と食事の間の空腹に近い状態の時に摂取するようにしましょう。

また葉酸サプリメントは1日の分量を1回で飲んでしまうのではなくて、数回に分けて摂取することが大切です。

一度で摂取してしまうと尿などと混ざって体外に排出されてしまいあまり意味がありません。

朝食と昼食の間に一回、そして昼食と夕食の間に一回、そして寝る前に一回というように1日に3回程度に分けて飲むことが効率的でしょう。

もちろんその葉酸サプリメントによって要領は異なりますのでまずはしっかりと読んでから考えるようにしましょう。

とは言えども胃腸が少し弱くて空腹時に飲むのは少し気がひけるという方は、食後に摂取しても大丈夫です。

胃腸が弱い方が空腹時にサプリメントを摂取してしまうと、逆に胃腸に負担をかけてしまい逆効果になってしまいます。

ですので食べ物と一緒にサプリメントも体内に吸収させるためにも、食後の30分程度に摂取するようにしましょう。

妊娠中に摂取する場合、つわりの時などにどうしても飲まないといけない場合は空腹時になってしまう恐れがあります。

そういった場合はタブレットを少し潰して粉末状にして摂取すれば胃腸への負担も軽減できるでしょう。

妊活中に体調を崩してしまわないためにも、自分の体の調子にあった摂取方法を心がけるようにしましょうね。

▽まとめ

今回は妊活中に効果的と言われている葉酸サプリメントは一体いつ飲めば良いのかという疑問にお答えしていきました。

以外にもサプリメント事態には書かれていないことも多いため、なかなか知らないこともあったかもしれません。

是非今回ご紹介したように葉酸サプリメントを摂取して、健康な状態で妊活を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です